auのアップグレードプログラムEXは本当におトクなのか調べてみた

auの機種代金のサポートであるアップグレードプログラムEXですが、本当にお得なのかどうか調べてみました。

 

アップグレードプログラムEXについて

(概要)

①端末購入と同時に「アップグレードプログラムEX」に加入し、月額390円支払う。

②端末代金を48回割賦契約にする。

③契約後、25か月目以降に次の機種へ機種変更すれば、端末代金の残債は免除される。

といったものになります。

ソフトバンクの「半額サポートfor iPhone」との違いは月額料金がかかることですね。

月額料金はかかりますが、特典を使わずに、機種変更すると支払った分のプログラム料金はWALLETポイントとして返金されるようです。

 

また、「アップグレードプログラムEX」には、適用条件があります。

(適用条件)
①次の端末に機種変更するときに旧機種は回収する。(下取りに出す。)
②機種変更後も本プログラムまたは「機種変更先取りプログラム」に加入する。
③本プログラムまたは「機種変更先取りプログラム」の対象機種に機種変更する。

また、状態が悪く機種の下取りが出来ない場合は、故障時利用料20,000円(不課税)(Android™向け「故障紛失サポート」にご加入の方は2,000円(不課税))を支払わなくてはいけないようです。

では、実際にお得かどうか計算してみましょう。

 

シミュレーション(新規・MNPの場合)※iPhone8 64GB

■本プログラムを使わずに24回契約にする場合
・機種代金:3,810円×24回=91,440円
・毎月割:-2,670円×24回=-64,080円
・実質負担額:1,140円×24回=27,360円
・下取り:iPhone8想定 -20,000円
※半額サポートfor iPhoneは下取り必須のため、条件を合わせるために入れております。
負担額合計:7,360円

■アップグレードプログラムEXで25か月目に機種変更する場合
・機種代金:1,905円×24回=45,720円
・プログラム料金:390×24回=9,360円
・実質負担額:2,295円×24回=55,080円
負担額合計:55,080円

これは、かなりひどい差です!!

 

念のため、端末代金が高い場合でも調べてみたいと思います。

 

シミュレーション(新規・MNPの場合)※iPhone8 256GB

■本プログラムを使わずに24回契約にする場合
・機種代金:5,070円×24回=121,680円
・毎月割:-2,670円×24回=-64,080円
・実質負担額:2,400円×24回=57,600円
・下取り:iPhone8想定 -20,000円
※半額サポートfor iPhoneは下取り必須のため、条件を合わせるために入れております。
負担額合計:37,600円

■アップグレードプログラムEXで25か月目に機種変更する場合
・機種代金:2,535円×24回=60,840円
・プログラム料金:390×24回=9,360円
・実質負担額:2,925円×24回=70,200円
負担額合計:70,200円

 

やはり、こちらも使わないほうが安くなりますね。。。

 

結論

上記の通り、アップグレードプログラムEXは基本的には入らないことをおススメします。

 

このプログラムの最大のデメリットは毎月割が適用されないことです。

(※ソフトバンクの半額サポートfor iPhoneは月々割が適用される。)

 

もし、このプログラムに加入するメリットがあるとしたら、新料金プランの「ピタットプラン」「フラットプラン」に入る場合でしょうか。

新料金プランは毎月割が適用されないため、このプログラムとの相性は良いといえるかもしれません。

 

ただし、個人的には、通常プランに加入し、24か月後に毎月割の適用が無くなってから、新料金プランに加入することをおススメしたいです。

 

というわけで、当サイトの結論としては、アップグレードプログラムEXの加入はおススメいたしません。

 

ちなみに、現在アップグレードプログラムEXに加入すると「iPhone交換プログラム」というキャンペーンで、5,000円のキャッシュバックが受けられるようです。参考までに。

Follow me!