Google Homeは日本で流行るのか?

Googleは5日、日本でGoogle Homeを発売することを発表した。

発売日は6日の10時から。価格は14,000円。Google Home miniは23日発売予定で、価格は6,000円。

さて、アメリカでは1割の世帯に浸透していると言われているAIスピーカーですが、そもそもAIスピーカーとは何か。

その言葉の通り、AI機能を搭載したスピーカーなのですが、Google Homeでは以下のようなことが出来るようです。

①知りたいことを調べる

②タスクを設定する

③音楽を聴く

④スマートデバイスを操作する

⑤雑談する

結構、色々なことが出来るようです。ただ、日本で浸透するには時間がかかると考えてます。

①、②、⑤に関してはスマホでも可能ですし、④に関しては対応しているスマートデバイスがまだ多くない状況です。家の電気が消せるのが便利なのも欧米の広い家だからこそ。日本の狭い家には必要かどうか疑問です。

浸透の可能性があるとしたら、③の音楽機能じゃないでしょうか。部屋の中で音楽を聴きたい人が買ってみて、評判良ければ広がっていく気がします。

そのためには、音質性能が気になるところですが、果たしてどうでしょうか。

また、auでも本サービスは取り扱うようです。

auでは、auHOMEという家のセキュリティ機能にかかるIOTサービスを提供開始しています。

Google Homeとau HOMEはサービス連携出来るようなので、防犯対策等を気にしている人に需要があるかもしれません。

AIスピーカーはスマホの次のデバイスとも言われているものなので、今後の業界の動きが楽しみです。

Follow me!